二胡を煮込んだアナコンダ
katoyuu:


ほんとの「禁止語」を送ると相手方のLINEアプリがご丁寧に該当部分マスキング表示してくれるだけです →

Twitter / livein_china: ほんとの「禁止語」を送ると相手方のLINEアプリがご丁寧に該 …

katoyuu:

ほんとの「禁止語」を送ると相手方のLINEアプリがご丁寧に該当部分マスキング表示してくれるだけです →

Twitter / livein_china: ほんとの「禁止語」を送ると相手方のLINEアプリがご丁寧に該 …

ツイッターでわけわからないこと言って怒ってくる人、本人は「議論」っていうんだけど、本当に求めているのはたいていカウンセリングだったりする。
Twitter / MAMAAAAU (via katoyuu)
男性諸君に告ぐが股間に薬品は結構怖い。タマキンは薬品吸収率が強烈に高い。
ステロイドで言うならば前腕内側を基準1とすると背中が1.7、効きそうな首が6、顔面は頬でさえ13のところをタマキンはブッチギリの42である。男性の身体が誇る超薬品吸収体が陰嚢なのだ。
Twitter / chaost13 (via kuzira8)
 先々週、

「『美味しんぼ』問題を受け、政府は、修学旅行先として福島のモデルコースを設定し、全国の学校に提案することなどの(風評被害払拭にむけた)強化策をまとめた」

 というニュースを観て、なんでわざわざ危ない事故を起こした原発のある福島へ、全国の子どもたちを連れていかなきゃならないの、ということを書いた。政府の意見が正しいことの証明に、子どもを使うのは野蛮すぎると。

 そしたら、「福島を差別するな!」と、ものすごい数の抗議を受けた。

 あたしの意見は福島差別になるのだろうか。

 今、現在、福島に住んでいる人たちがいるのもわかる。福島では、線量の高いところも低いところもあるのも知っている。

 だが、福島ではなにも起きていないといってしまえば、東電の起こした原発事故のその後のすべてが風評被害であるというすり替えが可能になってしまう。国も東電も、被害者に対して手厚い保護など考えなくていいことになってゆく。

 現に、この国の環境を守るのが仕事の環境省の大臣が、汚染土の中間貯蔵施設建設をめぐり、「最後は金目でしょ」という発言をした。

「もっと丁寧に安全だということを説明しないと」ではない、「金でなんとかなるでしょ」ということだ。

 正直にいえば、もうこうなった以上、最後は金で解決しかないのかもしれない。が、それは事故の責任者が被害者に謝り倒し、どうかこれで勘弁してくださいというお金であるべきだ。劣悪な環境も「金を払えばいいんでしょ」という金ではない。金は金じゃんという人もいるだろうが、そういう心根の在り方が差別なんだとあたしは思う。

 政府が全国の学校の修学旅行先に福島を推奨する件だって、本当に差別されるのは、普通の家の子や貧しい家の子たち、公立の学校に通う子どもたちではないか。希望者を募っていくボランティアならともかく、全員が行く修学旅行で、裕福な家に生まれた私立の子たちが行くのかな?

 福島と隣接する県にある私立の全寮制の学校が、震災後、子どもたちを避難させた。そして、今いる生徒たちの卒業をもって、学校を閉じるらしい。

 もっと大変な環境で頑張ってる子どもたちはいるのに! そう怒る人はいるかも。でも、そういったところで、大変な環境の中で生活を強いられる子のためにはならない。それどころか、なにもなかったことにされ、逆に足を引っ張ることになる。

 あたしは自分の学校の生徒をなにがなんでも守るという選択をした、この私立校の英断を偉いと思う。

 そうそう、仲が良い大学教授の先生が、原発事故・放射能問題を、

「戦争責任問題と似ていますよね。結局、1億総懺悔で、戦争責任は追及せず、です」

 といっていた。その通りだとあたしも思う。

※週刊朝日  2014年8月1日号
この室井佑月の意見がなぜ「差別」になるのか。それは、今福島へ行ってはならないとするはっきりとした科学的な根拠を示さぬまま、意見の中盤以降を占める感情的な文章によって己を正当化しているところである。

enzantengyou:

森下愛子

『トラック野郎 故郷特急便』(1979年)

近所の川には死んだブタが流れてきてたし、河川敷には犬猫の白骨死体がころがってたぞ。昭和を美化するのはいいかげんにしてくれ。

7at1stroke:

【相談】こういう本出したいんですけど(小声) (参考:
問題はSFマニアと艦これおじさんという二重苦を患った重症患者が今のコミケにどれだけいるか…

閉店後、先ほどまで妻と「あの人も来なくなったゲーム」をやっておりました。以前に当店をご愛顧下さったお客さまで、このところお目にかからなくなった方を挙げて、「ああ、あの人も来なくなった」と嘆き合う、というとっても後ろ向きなゲームです。始めると止まらなくなります。そして自分たちが失ってきたものの大きさに改めて戦慄するのです。